超簡単!謎の海藻を使った手作りフェイスパック

 

 

昨日に続き、ゴールドコーストで拾ってきた

このわかめみたいなものをどうしようか?というお話です。

 

昨日もお見せしましたが、すごい量ですっ!

これは我が家のバスタブです。シンクじゃありませんよ~(笑)

 

ちょっと想像つかないかもしれませんが、ざっくりでご説明すると、

全部足したら長男が拾ったこのワカメの3~4倍くらいの量になります。

 

旦那に「ひとまず洗って、干してみたら?」と言われたので、

まずはお風呂で洗って、外に干してみました。

 

こんな感じ

あとで写真を見てみたらかなりぶれてましたね。

しかも私の指まで入っていて…、失礼しました。

 

干してみた結果、予想以上にハエにたかられてしまい外干しは断念。

 

どうしたもんか?と悩んだのですが、まずは、

 

この海藻、本当に食べられるの?

食べられても美味しいの?

 

ということから探ってみることにしました。

 

こんな大量の海藻をさばくのには、

かなりの時間と労力が必要とされるわけで、

 

結果

 

「まずかったです!お腹壊しちゃいました!

残りは全部捨てます!アハッ(^◇^)」

 

とか、あまりにも寂しすぎるので…

 

とりあえず、ちょっとだけお味噌汁を試作してみました。

 

結果は…

 

うん!普通の味噌汁!

全然イケそうです!

30分程様子見ましたがお腹が痛くなる気配もなく安心しました(^^♪

 

それなら外でハエにたかられてる海藻君たちも何とかせねば!と

まずは一株切ってみることにしました。

 

とにかくすごい量…

 

これ、お鍋に入れたり、お味噌汁に入れたりと使えそうなんですが、

たぶん必要なのって、一枚の半分くらいだと思うんです。

 

やっぱり、大量すぎ…

 

で、思いついたのが「海藻フェイスパック」です。

 

きっと海藻系のフェイスパックって色々あるよなと検索してみたら、

 

ありましたありました!

 

超簡単手作り海藻パック!

 

と言ってもみなさん「ワカメ」を使ってるようなので、

この海藻でいいのか分かりませんが^^;

 

とにかくチャレンジですっ!

 

材料は、海藻200g+水500ml+絞ったレモン汁大さじ1

これでちょうど海藻200g

 

我が家のレモン、今年は不作で、大きさもイマイチだったので、

この小ぶりなレモンを一つ使うことにしました。

 

小さいレモンたち。水が足りなかったのかな?

 

 

作り方はこちら!

 

まずは海藻を細かく切る。

 

細かくする必要ないのかもしれませんが、

後でかなり細かくしなければならないと書いてあったので、

だったら最初から小さい方がトロトロしやすいかな?

と小さく刻むことにしました。

 

刻んだ海藻に500mlの水を追加し鍋で煮る