手作り歯磨き粉を始めた理由

先週から始まった手作り歯磨き粉。

 

同時にできる限り市販の歯磨き粉を使うのをやめたわけですが、

今回は、そのきっかけとなったお話です。

 

先日、次男の幼稚園に、歯医者さんがやってきました。

歯の磨き方や、歯医者さんはどういうことをするのか、

などと色々教えてくれたそう。

 

そして、お土産に、歯磨きグッズを持って帰ってきました。

次男は「僕だけの歯磨き粉!」と喜んで使っていたのですが…

 

この歯磨き粉、よく見ると、

ラウリル硫酸ナトリウム(sodium lauryl sulfate)が入っているではないですか!

 

これは私がノープーを始めたきっかけになったケミカル。

ラウリル硫酸ナトリウムを調べてみると、

洗剤などに使われていて、味覚障害を起こすかも?と書かれている。

 

もちろん、既定の量以下なら問題なしという説もあるみたいだけど、

なんとなく、「ただちに問題ない」とごまかされてるみたいで。

 

特に子供は、大人と違って、歯磨きで思わずのみこむことも結構あるはず。

Berry Bubbleとか、なんだか美味しそうなフレーバーだし。

歯医者さんが「頑張って歯磨きしてね!」とくれたけど、

 

これってホントに大丈夫なの?

子供用なのに~?

私が心配しすぎなのかなぁ???

 

歯磨き用でちょっと使うだけだから、本当に少量なのかもしれない。

でも、それを毎日、朝も晩も、何年も使っていたら、

やっぱり体に良いはずがないと思うんです。

 

できるなら避けたい。

 

だから安全な歯磨き粉に変えようと思いました。

 

とりあえず、もう少しこのまま続けてみようと思います(^O^)/

 

【追記】ノープ―の続きのお話はこちらからどうぞ