手作り歯磨き粉(後半)

前回お話した手作り歯磨き粉について。

 

実際に作ってみた感想をお伝えします。

 

まず、初めに作ったのが、

(重曹) 大3

(ココナッツオイル) 大3

(グリセリン) 大1

(ペパーミントオイル) 適当に10滴くらい

の歯磨き粉

 

重曹とグリセリンで歯磨きする人もいるみたいなので、

途中、重曹とグリセリンだけを混ぜて歯磨きしてみました。

 

感想・・・

しょっぱい!(´゚д゚`)

 

重曹はものすごくしょっぱいです。

そのために甘味になるグリセリンを入れるらしいんですが、

それでも全然無理な味でした・・。

 

そして、ココナッツオイルとペパーミントオイルを更に混ぜてみました。

感想・・・

うわー!もっとまずい!(ノД`)・゜・。

 

重曹⁺グリセリンは単にしょっぱいだけでしたが、

このバージョンは、合わない味覚がぶつかり合う、

とんでもない風味でした!

 

表現してみると、

「ポテチと、プリンと、ミントガムを一緒に食べる味」といった感じ。

しょっぱさと、まったり感と、スース―感が一気に口の中に広がり、強烈でした。

気を取り直して、もう一つのバージョンを作ってみました

(重曹) 大1

(グリセリン) 大1

(ペパーミントオイル) 適当 10滴くらい?

前回のがあまりにまずかったので、今回は少量で挑戦。

 

感想・・・

うんっ!大丈夫!(^◇^)

 

これは、塩歯磨きという感じで、全然イケる!

歯磨き後も、すごくスッキリしていい感じ。

こんな簡単なら、もう歯磨き粉はいらない!と

早速子供達や旦那にも使ってもらうことに!

子供達にはほんのちょっとだけつけてみました。

2人ともなんとか大丈夫だったみたい。

 

そして一番難関だと思っていた旦那は、意外と気に入ったらしく、

「これから俺もこれにする!」と前向きな意見が!

ホッ・・・

しかしです!

その後色々調べたら、重曹歯磨き粉は、

エナメルを傷つけてしまう可能性があるので、

毎日の歯磨きには向かないらしいということが発覚!

 

でも、ネットを見ると、毎日使ってる人も沢山いるみたいだし、

重曹入りの歯磨き粉もあるくらいなので、

さほど心配することもないかな?と思いつつ、

高いお金払ってやってもらったクラウンに影響したら嫌だな、と思ったり。

ましてや子供にはやめておいた方がいいのかな?と考え始めました。

 

で更に調べていくと「重曹うがい」というのがあるらしい。

重曹と水を混ぜてブクブクうがいをするだけ。

どうやら、虫歯は酸だけど、重曹は口の中をアルカリ性に変える作用があるらしく、

そのために虫歯防止になるとか?

 

これなら毎日できそうです・・・。

早速、上記で作ったペパーミント入りの歯磨き粉を水で溶いてマウスウォッシュしてみたら、

すごい爽快感!

 

歯磨き粉なしで磨いて、最後に重曹うがいすると、ペパーミントのおかげもあって

かなりスッキリするから、歯磨き粉なくても大丈夫そうです。

 

あっ、私は念の為、重曹のあとに普通の水でもうがいしています。

子供達も結構気に入ってくれたようで、

喜んでブクブクしてくれてます!

 

でも、毎回重曹うがいはやり過ぎかも?

そうなるとやっぱり歯磨き粉は必要かなぁ・・(特に子供)

 

色々と歯磨き粉について調べてみて、前回お話した、トリクロサン以外にも、

ノープーを始めるきっかけとなった、ラウリル硫酸ナトリウムも入ってるのもあり、

他にもいろんなものが入ってるのかな~?と市販の歯磨き粉はちょっと心配。

 

で、見つけたのがJack n’ Jillというオーストラリアの歯磨き粉。

中でも、ブルーベリー味、ブラックカラント味は、ewg(いろんな成分調べるサイト)

のランクでも、危険度0のようなので、早速この2つをオーダーしてみました。

早く届くといいな♪

 

ひとまずこれで様子見です!

でも、こういうのって見れば見るほど、怖くなってしまいますよね。

 

なんでも調べすぎも良くないので、ほどほどにしなくては、と思います。

 

【追記】海に落ちてた謎の海藻でフェイスパックを作ってみたお話はこちら