愚行録

 

お久しぶりです(^^;;

 

ここ数日間、ブリスベンで日本映画祭が開催されています。

そして今日、ずっと気になっていた妻夫木君の

「愚行録」を観に行ってきました。

 

妻夫木君の出演した作品といえば、

最近「悪人」と「怒り」を観て、

その後のなんとも言えない

「重〜い」感を味わいましたが、

「愚行録」も、これまた重い感じでした…。

 

「あ〜、もしかしたら人間って、

誰でもこんな感じの一面を持ってるものなのかもなぁ〜」

 

って、本当に嫌な気持ちになれました。

お見事です!(笑)

 

妻夫木君はちょっと老けた感じがまた良かったです。

親近感ってやつですかね?( ^ω^ )

 

そして、満島ひかりさんがいい演技してました〜!

 

映画のジャンルは、サスペンスなんでしょうか?

その割には、妙に淡々と話が進みます。

 

監督の石川慶さんは、ポーランドで映画を学ばれたそうなのですが、

確かに、画像が全体的に白っぽい感じとか、人の顔の撮り方とかが、

ヨーロッパっぽいなぁと思いました。

 

ハリウット映画みたいに、ドンパチするわけでなく、

ヨーロッパの映画って淡々と進むの多い気がするんですよね。

で、ちょっと衝撃的なシーンが、静かに出てくるみたいな…

 

って、何ってるかあまり伝わらならないですかね?(^^;;

 

前日に「怒り」も上映していたので、

そっちも観に行こうなぁ、とも迷ったんですが、

観たらまた重い気分になりそうだったのでやめときました。

 

私は単純なので、映画やドラマを見ると、

すぐにその俳優さんが夢に出てくるんです。

昨晩寝るときに、「今日の夢は絶対妻夫木君だろうなぁ〜」

とワクワクして寝たら、まさかの大泉洋さんの夢でした😁

 

どんな役?だったかもう覚えてませんけど、

大泉さんったら相変わらず良い人だったような気がします(笑)

 


クリック応援よろしくお願いします!!

 

英語の本を探すなら、世界各国へ無料配達のBook Depositoryがオススメ!

英語サイトでも大丈夫! 詳しい購入方法はこちらで紹介しています。

 

 

 

 

 


知らない方が良いこともある

 

実は今、息子達が通っている学校で、

日本語クラスのアシスタントをさせてもらっています。

 

昨日の朝一番、担当の先生が、

「今日、朝一番のクラスでちょっと気になることがあって…。

今週から新しい生徒が入ってきたんですが、

その子が相当の悪らしいんです!

毎日のようにトラブルを起こして、

授業がめちゃくちゃになってしまってるそうなんです。

相当覚悟していくようにと他の先生から言われてるので、

そのつもりでお願いします!」

と先生もかなり緊張した様子。

 

「こうやって知らされてから行くのと、

全く知らずに行って突然被害にあう(?)のと

どっちがいいんですかねぇ。」

とドキドキしながら二人で教室へ。

 

さっと全体を見渡すと、

クラスの一番後ろに座っている男の子の様子がおかしい。

なんか妙にそわそわしてるんです。

 

「あー、この子かぁ…」

と思いながら、その子の動きを見ていたのですが、

その後、彼は他の先生に連れられて教室から出て行きました。

 

「あー、これでもう大丈夫!良かった良かった!」

とホッとして、

ひとまずアクティビティに参加しました。

 

内容は、平仮名を見て、その読みを当てるというものでした。

たまたま近くにいた女の子がものすごく熱心で、

「これは何と読むの?えっと、これは?」

と一文字ずつ真剣に聞いてきます。

 

一通り全クラスに参加しましたが、

ここまで熱心な生徒さんは初めてだったので、

私も嬉しくなって

「これは、そ(SO)だよ。で、こっちは、る(RU)で…」

と色々教えてあげました。

私が教室を出るときに、

「Good byeは日本語で何というの?」

聞いてきたので

「さよならだよ」と教えてあげました。

 

授業が終わり、

次のクラスに移動中、先生に

「なんでもなくて良かったですね!

トラブルの子は授業参加しなかったみたいだし…」

と言ったら、

「えっ!あなたが話してた子がその問題児だったのよ!

てっきり知ってて付いてくれてたのかと思った〜!」

と仰天な回答が!

 

「え〜っ!問題児ってあの女の子が?

今までで一番良い生徒だわーくらい思って話してましたけど💦」

 

これには先生もビックリ!

 

やっぱり最初から知らない方が良いこともあるんだなぁと思った出来事でした。

 

でも、あんなに天使みたいな子が、問題児だなんて。

本当に信じられません。

 

後で息子に聞いたら、やっぱり彼女はかなりのトラブルメーカーらしく、

YEAR5にして、すでに6回も学校を変わっているそうです。

友達への暴言も凄いし、

途中でクラスから逃げ出すこともよくあるそうです…

 

今通っているコースが、

この実習をしないと修了出来ないので

渋々やり始めましたが、

実際にやってみると、

思っていたよりも楽しいこともあってホッとしました。

 

小さい学校なので、ちょくちょく子供達にも会えますし。

 

今タームいっぱいは、日本語クラスを手伝わせてもらい、

来年は、新入生(PREP)クラスで実習させてもらう予定です。

 

にしても、先生って本当に大変な仕事ですよねぇ…(^^;;

 

私には到底出来そうにありませ〜ん。

 

 


クリック応援よろしくお願いします!!

 

英語の本を探すなら、世界各国へ無料配達のBook Depositoryがオススメ!

英語サイトでも大丈夫! 詳しい購入方法はこちらで紹介しています。