斉木君

という人の夢を見ました。

 

ものすごく良い夢でした。

まるでドラマみたいに。

 

あまりにも素敵だったので、

朝起きてそのまま内容を書き出していたら、

ちょっとした小説みたいな感じに出来上がってきて、

書きながらポロポロ涙もでてくるくらいだったんですが、

 

そろそろ保存しようと、下書き保存押したら、

サーバーエラーが出て、内容全部消えちゃいました・・。

 

ひどいよワードプレス…( ;´Д`)

 

朝起きた時はまだ記憶が鮮明でスラスラ書き下ろせましたが、

30分以上も打ち込んで、その内容が全て消されるとは!!

 

一気にテンションダウンしました⤵️

 

とてもじゃないけど、

もう一度書き始める気にはなりません…

 

残念〜 (/ _ ; )

 

にしても、斉木君、格好良かったなぁ〜

おばさんったら、超ドキドキしちゃったわ。

自分中心の、まさに「ドリームワールド」です( ^ω^ )

 

あ〜あ〜、斉木君もう一回夢に出てきてくれないかなぁ〜?

 

 

 

 

 


”いのち”についてオススメの絵本


先日、義母の家で飼っていたジャーマンシェパードと

永遠のお別れをした時、

子供達(特に長男)は「死ぬ」ということを

生まれて初めて実感したようです。

(そのお話はこちらからどうぞ)

 

「ロティにもう会えない」と号泣していた長男が、

どう考えたら悲しさを紛らわすことができるのかを

私になりに色々と考えたのですが、

その時はなかなか答えが見つかりませんでした。

 

で、ちょっと話が飛びますが、

我が家では長男が生後6ヶ月くらいの頃から、

できる限り毎晩、日本の絵本を読み聞かせていて

我が家の絵本の冊数も随分増えてきました。

 

IMG_0439

 

そして、今日の読みきかせで読んだ本は…

 

「葉っぱのフレディ」

 

有名な絵本であるということは何となく知っていたので、

前回、日本に帰国した際に絵本は購入していたのですが、

(内容を読まずに)本をパラパラめくると、

絵はほとんどなく、文字は多いし、

各ページに葉っぱの写真が1〜2枚出てるだけで、

どうしても「この本読みたい!」

という気分にはならなかったんです。

 

で、今日、初めてこの本を読んでみて、

「とても上手に”いのち”について書かれているなぁ」

とちょっと感動してしまいました。

 

ワタシったら歳のせいもあるのか、

最近かなり涙もろくなっていまして…(^^;)

読んでいるうちに思わず途中でウルッと涙声になってしまいました。

読み手であるこちらも、かなり気合の入ってしまうお話です。

 

本を読み終えた結果ですが、

息子達は日本の同年代の子に比べて、日本語力が随分と弱いので、

正直、どこまで理解しているかわかりません。

 

でも、私自身が読み終えた感想として、

 

「死んだらどうなるの?」

とか

「死ぬのが怖い」

 

と不安がる子供には、

この話から何かを感じることで、

少しは”死”に対しての恐怖心が減るかもしれない

と思いました。

 

まぁ、かなり有名なお話ですので、

既に読まれている方も多いかもしれませんが、

 

もしまだの方いましたら、

オススメですので是非読んでみてくださいね。

 

 

私は普段から特に読書好きというわけでもないのですが

「絵本の読みきかせ」には特別な面白みがあって、

親子が一緒に時間を過ごすためのアクティビティには

最適だと思います。

 

英語の本を探すなら、世界各国へ無料配達のBook Depositoryがオススメ!

英語サイトでも大丈夫! 詳しい購入方法はこちらで紹介しています。