日本でのある日-2

 

この日は、前から観たかった映画

「この世界の片隅で」を観に行ってきました。

 

まずは映画館の近くでランチに長崎ちゃんぽんを。

「野菜たっぷりちゃんぽん」は日本に来たら必ず食べます。

成田の第3ターミナルのフードコートにもあるので、

オーストラリアに戻る時にも必ず食べます。

 

食後に映画館へ。

結構話題作だと思ってたんですが、

もうそろそろ上映が終わる時期だそうで、

館内はかなりガラガラでした(^^;;

 

クラウドファンディングで作られたというこの映画ですが、

去年流行った「君の名は」よりも良い映画というレビューも見かけたので、

かな〜り期待していたのですが、

感想としては、

うーん…ちょっとまったりしすぎてるかなぁ?

 

ガムを噛んで頑張りましたが、

それでも寝落ち3回しました…(ー ー;)

 

平凡に暮らしていた主人公。

戦争が激しくなり、

そして広島、長崎に核爆弾が落とされ、

終戦を迎えるまでを描いたもの。

 

感情が入るシーンも確かにありましたが、

全体的に、セリフが淡々としていて、

方言が多くて、理解出来ない会話もあり、

しかも、話に出てくる旦那さんと幼馴染さんの顔の区別がつかず…

 

一緒に観に行った友人と

「これ旦那さん?幼馴染?どっち?」と確認しながら観ました(^^;;

 

泣ける映画なのかと思ったけど、

どうやら私たちの心にはあまりグッと来なかったようです。

 

 

でも、昭和の懐かしい感じが伝わって来たのは良かったかな。

 

おばあちゃんちで子供達が川の字でお昼寝してるシーンとか、

懐かし〜い気分になりました…

 

その後、友人宅にお邪魔して、

久しぶりに娘さんたちにも会えて良かった。

 

大きくなるのなんてあっという間だわ〜

 

夜は、姉の通ってるスポーツクラブで

ヨガを2本やってから、

スーパーでお刺身などのおつまみとお酒を買って、

姉&旦那さん&私で家飲みをしました。

 

この日行ったスポーツクラブは

私も日本に住んでいた時に通っていた場所なので、

本当に懐かしかった…

 

またまた日本の生活が魅力的に見えてしまった一日です…

 


クリック応援よろしくお願いします!!

 

英語の本を探すなら、世界各国へ無料配達のBook Depositoryがオススメ!

英語サイトでも大丈夫! 詳しい購入方法はこちらで紹介しています。

 

 


日本でのある日-1

 

朝から近所のスーパー銭湯へ行きました。

 

この場所の良いところは、

温泉の他に「チムジルバンスパ」

なども楽しめるところ。

 

チムジルバンスパというのは、韓国版の岩盤浴だそうです。

部屋は全部で4つ。

 

普通の岩盤浴の部屋、

火照った身体を冷やす涼しい部屋、

薄暗くて、スモーキーな香りのする部屋、

すっきりレモン系の香りのキラキラした部屋、

 

岩盤浴の足湯版みたいなエリアには、

コミックや雑誌がたくさん並んでいて、

足だけ温めながら、ゆっくり雑誌を読めたりもします。

 

そして、超熱々の香りで大量発汗する

ロウリュウ」というのを

2度やってきました!

 

このロウリュウ、フィンランドの言葉らしいんですが、

とにかく熱い!暑い!

 

アロマ入りの水(1度目はグレープフルーツ、2度目は緑茶でした)

をバチャバチャ〜!と大量にぶちこみ、

熱気ムンムンにしたところで、その熱風を

スタッフの人が「よいしょ!よいしょ!」と一人一人に向かって

大きなタオルやうちわで扇いでくれるんです。

 

汗と熱気で汗が噴き出し全身びちゃびちゃになります。

 

お客さんたちも汗だくだったけど、

暑いサウナの中で休みなくうちわを扇がなくてはならない

スタッフさん達は更に暑そうでした。

 

お昼は施設の中でネギトロ丼と豚汁、

バンバンジーサラダをモリモリと食べました。

 

お風呂も色々あり、中でも気に入ったのが炭酸風呂。

ぬるめのお湯がシュワシュワしてて、とっても気持ちよかったです。

 

 

 

たまたま居合わせた70歳前後のおば様達に囲まれ、

気がついたら話に入っていて、

ご近所さんの70歳代の不倫話なんかを色々お話してくれて、

最後はすっかり私の人生相談会みたいになってしまいました。

 

あー、日本の温泉って楽しい🎶

 

計6人の人生の先輩方からビシバシと、

 

「子育ては大変だけど、子供なんてすぐに大きくなっちゃうんだから、

本当にあっという間。今はとにかく子育て頑張りなさい」

 

「結婚してればいろいろあるわよ。

みんな言わないだけで、誰だって不満はあるのよ。

でも「ありがとう」って感謝の言葉を毎日伝えることが大事。

こっちが毎日「ありがとう」って言ってれば、

相手も自然に「ありがとう」ってよく言うようになって

良い関係になれるの。

 

「2週間も子供を置いて実家に帰れるなんて、

そんな旦那さんはなかなかいないわよ。」

 

「あなた、甘やかされて、大したことじゃなくても

不満に思うことあるんじゃない?

そんな人(=旦那)滅多にいないんだから、大切にしなさいよ!」

 

「何があっても、自分の健康と、

それと女として綺麗でいることは忘れちゃダメ!」

 

などなど、数々のありがたいお言葉をいただいて、

私には全員がデヴィ夫人に見えました(笑)

 

結局、5時間くらいいて、

そこから姉と合流して夜ご飯の買い出しへ。

 

この日は父親の誕生日だったで、

メニューはお家鍋です。

 

やっぱり冬は鍋が最高!

 

そして、用意したチョコレートケーキに父も大満足の様子でした。

 

考えてみたら、父にHAPPY BIRTHDAYを歌ったのって、

父がろうそくを嬉しそうにフーッてするのを見たのって、

覚えてる限り今回が初めてかもしれません。

 

人生の約半分をオーストラリアで過ごしてしまい、

花粉症が怖くて3月の帰国は避けていたのもあり、

3月に祖父母が亡くなった2000年以外は、

父の誕生日に一緒にいたこと自体がなかったと思います。

 

こんなに喜んでくれるなら、

もっとこの時期に帰ってあげたらよかったな、

と、少し後悔をした日でした。

 

 


クリック応援よろしくお願いします!!

 

英語の本を探すなら、世界各国へ無料配達のBook Depositoryがオススメ!

英語サイトでも大丈夫! 詳しい購入方法はこちらで紹介しています。