(続)シドニーでの怖~い想い出

 

前回、シドニーのREDFERN在住時に、

帰宅中にアボリジニ3人組にアタックされた話の続きです。

 

今までのお話はこちらからどうぞ。

 

バックを奪っていった犯人を追い、

いかにも危なそうな人達が集まっているエリアに行き、

「現金はいらないからそれ以外を返して欲しい」

とお願いしたところ、

「本人たちに聞いてくるから、待ってて」

と言われました。

 

待っている間も、

その場にいた周囲の人達(おそらく犯人グループの仲間)に、

 

「あのバックには、友人のアドレスとかが沢山入っていて、

あれが無くなったら本当に困るの!

私の友人のアドレスなんて、

あなた達はいらないでしょ?お金はあげるって!」

 

と一生懸命説得を続けていました。

 

するとそこに、私のシェアファミリーのお父さんと、

娘さんの彼氏(近所に住んでます)が、来てくれて、

 

「君はすぐ家の中に入れ!あとは僕たちが話をつけるから!」

 

と私を家に戻らせてくれ、

少し経つと、二人が戻ってきました。

 

「あと25ドル払ったらバックを返すと言われたから、払ってきたよ…」

 

なんと、手には、私のバックが!

お財布の中を見たら、現金だけ無くなっていましたが、

カード類なども全部戻ってきました。

 

「犯人、あれだけお金取って、プラス25ドル欲しいって一体!?」

 

 とかなり頭にきましたが、

バックが戻ってきたのは本当に嬉しかったです。

 

間もなくポリスがやってきました。

 

「数日前、君と同じように妊婦さんが狙われたんだけど、

彼女は所持金が5ドルで、

それに怒った犯人が、彼女のお腹をナイフで刺した事件があったばかり。

だからレイプも刺されもしないで、足の傷だけで済んだうえ、

バックまで戻ってくるとは、君のケースはミラクルだ!

犯人たちは、君の財布の中に入っていた現金の額に、

よっぽど満足したんだと思うよ!」

 

と言われました。

 

ということは、給料日だったから、

私もバックも無事だったのね…。

 

不幸中の幸い???

というか、犯人わかってるなら捕まえてくれませんかね…💦

 

ポリスと話をしているうちに緊張が解けたせいか、

じわじわと現実に起きた出来事なんだなと思えてきました。

ポリスが帰り、部屋に一人になったらもっと怖くなってきました。

 

入居してからもずっと

「その場所は危ないからやめな」

と周囲に言われ続けていました。

引っ越しの用意(段ボールとか、ガムテープとか)

はずっと部屋に置いてあったので、

3か月面倒で荷造りしなかったのに、

一晩で、ササッと荷造りが出来ました。

 

翌朝には治安の良いNORTHエリアに住んでいる友人宅に

避難させてもらうことに。

そこで1週間ほどお世話になってから、

PERTH(パース)に飛びました。

 

当時は、もうワーホリなんてやめて、

すぐ日本に帰りたい!と思っていました。

 

でも、私がオーストラリアで一番行きたかったのは

マーガレットリバー(パース周辺のワイナリー)だったんです。

 

そのため、パース行きのOPENチケットを持っていたので、

せめてパース周辺を旅をしてから

日本に帰ろうと思っていました。

 

まぁ、色々あって、丸々1年滞在することになりましたが・・。

 

オーストラリアの原住民であるアボリジニの人達は、

地域によってかなり雰囲気が違います。

 

まぁ、私の個人的な意見ですし、

かなり昔の話なので今は変わっているかもしれませんが…。

 

ダーウィン近郊のアボリジニの人達は他人には無関心。

自分たちの好きなように、のんびり生きてる感じがしました。

 

エアーズロック周辺のアボリジニの人達は、

観光客相手の仕事も多いみたいで、

なんだか潤ってそうでした。

 

一方シティにいるアボリジニの人達は、

都会の生活からのけ者にされてる感があって、

ちょっと危険な感じの人が多かったイメージがあります。

 

今はどうなんでしょうか??

 

ちなみに、私の住んでいたREDFERNは、

その後も、タクシーの窓が片っ端から割られたり、

警察と地元民が争いになったり、

治安の悪さは結構続いていました。

 

もしもこれからシドニーに行かれる方は、

念の為、お気を付けください。

 

そうそう、言い忘れましたが、

REDFERNのこの家を選んだもう一つの理由は、

シェアファミリーがスペイン人だったこと。

ワーホリ前に、日本でスペイン語を習っていたので、

一緒に話が出来たらいいなと思ったからです。

 

彼らは、その後REDFERNの家は売り、

故郷のアンダルシアに戻ったそうです。

 

怖い思い出もあったけれど、

あたたかいシェアメイトのおかげで、

今でもシドニーの楽しい思い出は沢山あります。

 

長文になってしまってすみません。

最後まで読んでくださってありがとうございました<(_ _)>

 

 


シドニーでの怖~い想い出

 

 以前、ママ友さんと旅行の話しをしていて思い出したこと。

 

彼女は、危ないと言われている南アフリカや、

南米に行ったけれど、

特に怖い思いなどはしなかったらしい。

 

「あなたはどこかで危ない目にあった?」

と聞かれて思い出した話。

 

私は、あまり怖い国には行ったことありませんが、

最も怖い思いをした国は、ズバリ

 

オーストラリア

 

です(汗)

 

そう、比較的治安が良いと言われているこの国で、

私はとっても危ない目に遭いました。

 

それはまだワーホリ時代、シドニーにいた時のコト。

 

シドニーには、REDFERNというかなり危険なエリアがあります。

日本から来たばかりで土地勘が全くなかった私。

 

見学に行った時に、シティからも駅からも近く

シェアメイトもとても良い人だったので、

すぐにこの家に決めてしまいました。

 

シドニー歴の長い、友人たちには、口をそろえて

「やめておけ、やめておけ」と言われていましたが…。

 

で、入居初日からちょっとしたことが。

 

2階の私の部屋の窓(鉄格子アリ)まで、

アボリジニの男の子がよじ登ってきました。

一瞬固まったけど、とりあえずニコッとしてみたら、

そのまま彼は下に降りていったんです。

 

それをシェアメイトに伝えたら、突然GUNを片手に

「そいつはどこに行った??」

とかなりの剣幕で戦いに向かったので、

「あれ?ここ大丈夫かな…?」

と思ってはいたので、

念のため夜帰るときは必ずタクシーを使っていました。

 

そしてある夜、いつものようにタクシーを降りようとすると、

「この地域、僕は大嫌いだから早く降りてくれ!」

とタクシードライバーに急かされました。

 

いつもなら手に家の鍵をしっかり握ってからタクシーを降りますが、

その時は仕方ないのでそのまま降りることに。

 

家の門を開け敷地内に入り、ドアの鍵を探していると、

「キキッー」と門を開ける音が( ;∀;)

 

振り返ると3人のアボリジニの男の子が、

私のバックをとろうと襲い掛かってきました。

「こういう時、自分ってどうなるのかな?」

と思っていたのですが

 

意外にも対抗してました!!

 

忘れもしない!あの日はお給料日で、

お財布には何百ドルか入っていたんです!

 

バックを離さず、「いやいやー!!」と叫んでいたら、

足を蹴られ道に倒れた私。

 

それでもバックを離さず、

バックごと彼らにズルズル引きずられていたけれど、

どうやら彼らが持っていたナイフで、

ばっさりとバックを切られたよう。

(後から、ポリスに言われました💦)

 

私がバランスを崩した間に、

犯人たちはアボリジニ住民エリアに逃げていったんですが、

 

で、私は、なんと、それを

「ちょっと待って、信じられなーい!!」

と日本語で叫びながら追いかけていきました(汗)

 

バックの中には、現地で知り合いになった友人達の

連絡先などが沢山書かれた手帳が入っていたので、

お金はともかくそれをどうしても失くしたくなかったのです…。

 

今ならメールやSNSでどうにでもなるのでしょうが(笑)

 

当時は本気です!

 

そして、勇敢にもアボリジニの人たちが集まっている場所に行って

「現金はあげるから、それ以外を返してほしい!」

とお願いしたのです。

 

すると意外にも、

「ちょっと待ってって。本人たちに聞いてくる」

と犯人と交渉してくれることに。

 

今はどうなのか分かりませんが、

REDFERNは、当時シドニーに住んでいた人なら、

誰もが知っていた本当に危ない地域。

しかも私がいたのはかなり危険地域のど真ん中!

 

しかも駅前('Д')

 

怖い怖い~!

今なら絶対考えられないよ~!

 

ちょっと長くなってきたので、

続きはまた次回ということで・・・(^^ゞ

追記:続編はこちらからどうぞ

 

 

 

 


3 / 17812345...102030...最後 »