羊を数えてみたけれど・・・

在宅のお仕事をするようになってから、すっかり夜型人間になってしまい、

子供達が寝た途端に一気に元気になってきて、気が付くと夜中2時3時まで起きてしまう、そして朝のアラームで後悔・・という毎日のBestworkerです。

ところで、眠れない時に、「羊が一匹・羊が二匹 ・・・」 と羊を数えると眠れる。

と言いますが、あれって、本当に眠れるんでしょうか?

私は昔、寝付きが悪い時は、英語のラジオ放送を聞いてました。

確か大学時代だっと思うのですが、バイト先で流れていた「有線放送」がどうしても家に欲しくて、自分の部屋に取り付けたんです。

ネットでなんでも出来る今は、探せば見たいもの、聴きたいものがいくらでも探せますが、当時は、ラジオの何倍もあるチャンネル数が嬉しくて、毎日、「今日は何を聞こうかな?」と、わくわくチャンネル一覧表を見ていたものです。

そして、目をつぶってもなんとなく寝付けない時は、

「このジーっと目をつぶってる時間ってもったいな。羊数えるなんて無駄な時間に使わずに、せっかくだから、英語の聞き流しでもしよう」

と、雑誌なんかの広告に出ている「英語聞き流し!」「毎日英語を聞くだけで自然と身につく!」なんてのを真似して、有線の英語ラジオをよく聴いていたんですね。

たまに聞き取れる部分があったら、「おー、今の何て言ってるかわかった!」みたいなレベルですが・・・(笑)

無駄に羊数えてるより、少しはリスニング上達の効果があったのかな?

 

ということで、本題ですが、 ファームには、羊が50匹います。

これ、なんというでしょうか?

(A) There are 50 sheeps on the farm.

(B) There are 50 sheep on the farm.

「50匹もいるんだから、sheepsじゃないの?だから(A)」と言いたくなるところですが、

Sheepには複数形は存在しません。

何匹いても、SheepはSheepなんです

なので、正解は (B) There are 50 sheep on the farm.です。

試しに、WORDで「Sheeps」を入れてみたら、ちゃんとスペルチェックで引っかかりました!

賢いなー、スペルチェック!

ちなみにSheepと同じように、複数形がない名詞には、

「Fish」「Salmon」「Deer」などがあります。

みんな群れをなす動物ですね。

あまりないかもしれませんが、、「羊が一匹・・」を英語で数える時には、

「One sheep, Two sheep, Three sheep・・・」

と数えるようにしましょう!

 

英語の本を探すなら、世界各国へ無料配達のBook Depositoryがオススメ!

英語サイトでも大丈夫! 詳しい購入方法はこちらで紹介しています。

 


よかったらポチッとお願いします(^^) 


給食っていいよね

オーストラリアの学校には、「学校給食」というものがありません。

だから基本的に毎日お弁当を持たすわけですが、お弁当というか、「パンと果物とスナック」という感じです。

サンドイッチ・りんご・おやつのおせんべい・チーズクラッカー。

みたいなものが毎日続きます。

結構暑くなるのに、学校にはランチを入れておく冷蔵庫もないので、いくらアイスパック入れておいたとしても、「ランチ時間まで大丈夫かな?」と、何となく不安もあり、つい時間がたっても大丈夫そうなものばかり選んでしまいます。

学校卒業するまでずっとこんな感じでいいのかしら?とかなり不安もあるのですが・・。

各学校により、週に何回か、ボランティアのお母さん達で運営されている「タックショップ」というお店が開きます。

これは食べたい人だけお金を払って買うシステム。

と言っても、息子の学校のメニューは

 

【ミートパイ・フィッシュアンドチップス・サンドイッチ・チキンナゲット、ホットドック ・・・】

 

ほぼジャンクです(汗)

入学当初は、頑張って、日本風のお弁当を作っていましたが、

「サンドイッチと違って食べるのに時間がかかるから他の子みたいにサンドイッチにして」と言われてしまい、今ではすっかりオージーランチです。

日本の給食は栄養バランスとかも考えてあって、本当に羨ましいですねぇ~。  

給食の試食会とか、参加してみたいなぁ~(´∀`*)ウフフ

 


よかったらポチッとお願いします(^^)