そりゃあ、トイレもいけないよね…??

 

 

 

前々回前回に引き続き、またまた北欧ネタです。

(ブリスベンが寒いせいか、色々と思い出してます)

 

フィンランドは、「ザ・極寒!」というアクティビティが沢山あります。

中でも思い出深かったのは、犬ぞり

もう、気分は「南極物語」です!!

 

犬のオーナーさんが、

「さーて、今日はどの子を連れて行こうかな?」って感じで犬たちを見渡すと、

「ワンッ!ワンッ!ワンッ!(僕を連れって!!)」の大合唱!

 

 

クラウドソーシング「ランサーズ」

 

 

本当すごいんです!みんな行きたいみたいで。

選んでもらった犬たちはご機嫌でソリに繋がれていきます。

 

「ずっと走らされて、しかも私たちをひっぱらなきゃいけないし、なんだか犬が気の毒だなぁ・・」

なんて悲観的に考えていたけど、

彼らは本当に走るの大好きなようで安心して楽しめました。

 

走り出して間もなく、驚く発見が!!

 

犬たちは、一緒に繋がれて走り続けるので、

トイレに行きたくてもいけない!(´゚д゚`)

 

 

 

 

ということで、猛スピードで走りながら、

そのままポロポロと用を足していきます。

 

これには本当ビックリしましたぁ・・

 

そして、そのう〇ちを、私たちのソリが、乗り潰していくわけで・・・。

 

「あっ、出た!わっ、踏んだ!」の繰り返し(笑)

 

とっても貴重な体験でした~!

 

 

 

 

ちなみに私が訪れたのは、サンタクロース村のあるロバニエミという街。

 

他にも沢山のアクティビティがありますが、

その話はまた今度ということで~(^_^)v

 

 

英語の本を探すなら、世界各国へ無料配達のBook Depositoryがオススメ!

英語サイトでも大丈夫! 詳しい購入方法はこちらで紹介しています。

 

 


クリックして頂けると嬉しいです(^^)

 


そして、フィンランドからスウェーデンへ

 

 

 

前回のフィンランド旅行の続編です。

開放感あふれる紙パンツで(←関係ないですね…<(_ _)>)フィンランドを出て、

今度は氷河クルーズで、スウェーデンのストックホルムに行きました。

 

船内には、カジノやエレベーターなんかもあって気分はタイタニック~♪

そして氷河をバキバキ!!!と割りながら爽快に進みます。

 

 

 

 

そんなこんなでストックホルムに到着。

Ace of Baseや、ABBAのCDなんかを「本場だ本場だ~!」

と買いあさって楽しんでいたのですが、

船の中であまり深く眠れなかったせいか、町を散策中にエネルギーダウン。

 

町の中心部に、石畳のような階段が連なっている公園を見つけて、

ちょっとそこで休憩することにしたんです。

 

 

クラウドソーシング「ランサーズ」

 

 

持っていた小さめのリュックを頭に敷き、ついついウトウトと・・・

そのまま広場で眠ってしまったんですね。

 

本当にどこでも寝るの大好きなんです。

 

どのくらい時間が経過したかは分かりませんが・・・。

 

「Hello Hello!!」という声で起こされ、目を開けると2人のPoliceが!

「ID見せて」となんだか厳しい顔。

(私、不法滞在者扱いされてる?)

 

よっぽど怪しい人に見えたみたいです・・・。

 

パスポートを念入りにチェックされ、

いつまでいるのか、この後どこに行くのかなど、

根掘り葉掘り聞かれ、なんとか解放!

 

スウェーデンの鮮明な思い出と言えばこの出来事と、

トイレの看板が読めずに直観で入ったら、

感が外れて、中にいた男性に思いっきり驚かれたことくらいしか

覚えてません・・・(;’∀’)

 

ところで、福祉と言えば、いつも北欧が上位ランキングに入っているイメージですが、

息子達が大好きなレゴも、実は北欧デンマーク発なんだそうです。

 

 

さすが本場!立派なレゴランドがありました!(注:デンマーク語です)

http://www.legoland.dk/Oplev-LEGOLAND/

 

ここはリゾートになっているようで、ホテルまであります!

http://www.legoland.dk/overnatning/Hotel-LEGOLAND/

 

うーん!子供達を連れて行ってあげたいなぁー!

 

とりあえず、日本にもレゴランドあるようなので、まずはこっちから!

http://www.legolanddiscoverycenter.jp/tokyo/

 

楽しそう~!(^O^)

 

日本に住んでいたら、年間パスポートが欲しいくらいです…。

 

フィンランドの話の続きはこちら

 

英語の本を探すなら、世界各国へ無料配達のBook Depositoryがオススメ!

英語サイトでも大丈夫! 詳しい購入方法はこちらで紹介しています。