親知らずの抜歯(´゚д゚`)

日本帰国に向けて用意を着々としていたころ、

突然歯が痛くなった続きのお話です。

 

大した痛みではなかったのですが、念の為と急いで歯医者へ予約の電話。

歯医者は翌日だったのですが、その頃すっかり歯は落ち着いていました。

 

 

まぁちょちょっと詰め物治してもらうくらいかな?

と余裕だったのに、歯医者さんから、意外な言葉がっ!

 

「これは、親知らず抜いた方がいいね」

 

下の歯はレントゲンを撮ってみたら、斜めに生えてるのでその歯医者では抜けないそう。

 

で、練習がてら(笑)って、

左上の歯をレントゲンも撮らずにいきなり抜かれましたよ!

 

さすがオーストラリア!

 

来週は、右上の歯抜こうか?出発までにはよくなるから大丈夫だよ!

 

と自信満々の歯医者さんだったけど、

「旅行間近なので、やめときます」とお断り。

 

ちなみに、下の親知らずの抜歯は

 

「スペシャリストなので、一本500ドル位!(←約5万円!)」

 

あの~、サラッという額じゃないと思うんですが・・

 

ちなみに今回、麻酔して、左上の親知らずをググッとそのまま抜かれたのが180ドル。

下の親知らず2本のレントゲン各一枚42ドル、2枚で84ドル

 

もちろん抗生物質や痛みどめなんて気の利いたものはもらえません。

 

合計264ドル(ノД`)・゜・。

 

歯医者に行くために、帰国したくなる気持ちよ~くわかります。

だって飛行機代入れたってその方が安かったりするもん!

お薬も事前にもらえるし、しかも日本語だし。

 

本当にこの国、高いよ~!!!

 

下の親知らずに一本5万なんてとんでもない!

と急きょ日本でやってもらうことにしました。

そうなると、今度は日本の歯医者探しです。

 

続きのお話はこちらからどうぞ

 

 

 

 

 

海外からもできる在宅ワークはこちら

在宅ワークのお話はこちらからどうぞ♪

 

【クラウドワークス】

サイトが見やすいので、登録手続きもお仕事探しもスムーズに進められます。

 

【Lancers/ランサーズ】

掘り出し物のお仕事が多い。ネームコンペの数多し!

クラウドソーシング「ランサーズ」