海外からの在宅ワーク

 

子供が小さいので外で働くのが難しいというのがきっかけで始めた在宅ワーク。

とにかく私は、「出来ればもう一度日本で仕事をしたい」と思っていたので、

海外にいながら、日本の企業のためにお仕事が出来る「在宅」の働き方には大満足です。

 

ちなみに、私がメインでやっているのはライティングやネーミングなど、

日本にいても海外にいてもできる在宅のお仕事です。

 

それに加え、ラッキーなことに、海外在住だからこそ出来るお仕事もいくつかあるんです。

そこで今回は、海外だからこそ出来る、在宅ワークをご紹介します。

 

買付代行や転送代行

買付代行は、BUYMAなど、海外からの個人輸入サイトの買付けです。

日本のお客様からオーダーが入り次第、現地にて商品を購入、

日本のお客様に発送までを代行します。

 

また、アマゾンUSAなどには、USA国内発送のみという商品もあり、

そういった商品を購入したい日本の業者が、現地に住んでいる人に、

購入→商品受取→日本への転送までを依頼というものもあります。

 

普段からショッピングに行く機会が多い方なら楽しいかもしれませんね。

 

「買付代行」は、やはりアメリカが多いようです。

ヨーロッパに住んでいる人を探している企業もたまに見かけます。

残念ながら、オーストラリアは今まで募集しているのを見たことがありません・・(涙)

 

商品選びのセンスがある人は、自分でBUYMAを始めてみるのも良いかもしれません。

 

 

現地企業との交渉代行

日本の企業が、海外の商品を新規開拓したい場合など、

実際に現地のメーカーにメールや電話で連絡をし、

英語(もしくは現地語)で交渉するという業務です。

 

日本在住の方でも出来ると思いますが、

やはり海外にいると英語が出来るというイメージがあるのか、

それだけで採用率がアップすると思います。

 

私はこの業務を実際にしたことがありますが、本当に楽しかったです。

 

一般的に、海外の人は、日本人に比べて、始めからオープンな雰囲気なので、

気軽に話せるのがいいです。

 

そして、「No」は「No」と、「Yes」は「Yes」と、きっぱり話してくれるのもやりやすいです。

 

ただ、アメリカとの時差がきつかった・・・^^;

 

ニューヨークなど東海岸は23時(豪)。

ロスの西海岸になると、なんと夜中2時(豪)が現地の朝9時!

 

しかも、権限のあるセールスマネージャーなどが

朝9時ぴったりに出社していることはあまりなく・・・。

 

結局、ニューヨークは夜中12時(豪)から。

西海岸は、朝3時頃(豪)に業務開始してました。

 

仕事は楽しかったけど、寝不足がひどくて、

毎朝ランチを作る時間はどろ~んとしてました(–)

なので、子供がいるママにはあまりオススメしません(笑)

 

でも、アメリカやヨーロッパなど、現地に住んでるなら、

時差も関係ないので、やりやすいですよね。

 

世界中の人たちと電話で色々な話ができて、

時差さえなければとっても楽しい仕事でした。  

 

英語サイトの翻訳

これは、特に海外に住んでいるからというわけではないのですが、

海外在住=語学力がある、と認識されているせいか、私も良くオファーを頂きます。

もともとある英語のサイトを日本語に訳し、読みやすい文章に作っていく仕事です。

 

この記事を翻訳してくださいと指定されるのもあれば、

自分で面白そうなサイトを探してほしいというのもありました。

 

英語に加えて、多少日本語のライティングのスキルも必要になってきますが、

自分が普段から閲覧しているようなサイトであれば、もともと興味のある内容なので、

お仕事という感覚でなく、比較的楽しくできると思います。

 

一度、医学系サイトのお話を頂きましたが、

私には無理ですとお断りしたこともあります・・・ ^^;

 

以上です。

 

私も半信半疑でしたが、やってみるとこれがなかなか面白いんです!

 

子供が寝た後に、「仕事をする」という自分がいることが嬉しかったり、

顔も見たことのない日本のクライアントさんとのやり取りが楽しかったり。

 

それまでついつい無駄使いをしていたネットショッピングがピタリと止まり、

その代わりに、日本でのお小遣いが稼げて、一石二鳥。

やっぱり自分で稼げるということは、とても嬉しいですよね。

 

しかもパソコンひとつで始められますし、スクールホリデーなどの忙しい時期は、

仕事を受けずに自主休業したって、誰にも文句言われません(笑)

(ちなみに、私も去年は次男と時間を過ごすために5か月くらい休業しました ^^;)

 

もちろん、お仕事を受けた以上は最後までやらなければならず、

正直大変な時もあるし、稼げる額は本当にお小遣い程度かもしれません。

 

でも、「お金をもらえる」というだけではなく、

「子育て中の母親」というだけの自分の生活に、

 

自分が出来るかもしれないスキルを試してみたり、

新しいことをチャレンジしてみたり、

在宅をしてなかったら絶対会っていなかった人とお話ができたり、

 

それまで「子育て」だけだった自分の生活に、メリハリがついた気がします。

このブログだって、在宅ワークをしていなかったから、

自分のブログを作ってみようなんて、まず考えなかったと思いますし。

 

時間が経つにつれて、目には見えないカタチで、

様々なプラスになっていることが実感できて、

本当にやってよかったなと思っています。

 

空いた時間を使って自分のために何かしてみたい人、

 

少しでも興味がある人は、ぜひチャレンジしてみて下さい。

きっと、お仕事の幅が広がると思いますよ(^^)

 

英語の本を探すなら、世界各国へ無料配達のBook Depositoryがオススメ!

英語サイトでも大丈夫! 詳しい購入方法はこちらで紹介しています。