アイデア・オブ・ザ・イヤーを受賞しました (^^ゞ

いつもお仕事をさせてもらっているクラウドワークスさん。

 

先日、2周年記念のパーティで、bestworkerが

「アイディア・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました!(^^)v

 

クラウドワークスさん、本当にありがとうございます!

 

表彰のご連絡を頂いた時は、本当に「夢じゃないの?」と思ったものです。

いやー、本当にびっくりです!!

クラウドワークスのCrowd Working Magazine

にてインタビューが掲載されました。

 

残念ながら海外にいるため、授賞式には参加出来ませんでしたが、

私からのコメントを読んで頂きました。

でも、短い言葉では、物足りず、このブログに、

少し長編のコメントを書かせて頂きたいと思います。

 

ランチの時間になると「この後仕事どうするの?」

という話をしていたんです。

日本の方は「オーストラリアは景気がよい」

というイメージがあるようなのですが、

実際は、ローカルの人でも、仕事を失ったり、

探したりしている人が多く、

私達のような移民組には「英語」というハンデもあるため、

かなり希望の職種につくことは難しいというのが現実です。

 

その頃、学校で聞いた統計では、

移民の失業率は25%を超えていましたが、

あれから一年、残念ながら「どこどこの企業で、◯◯人リストラ」

というニュースのほうが、いまだ多いです。

 

当時の私は、次男が学校に入るまであと数年あるので、

フルタイムは考えていませんでした。

しかもお昼の3時には長男の学校のお迎えが・・・。

 

スケジュール的にも、希望の仕事につくのは、

「まず無理だな」と思っていました。

そんなこんなで、「家で仕事できればな…」

なんて考え始めている頃にたまたま見かけた

クラウドワークスに登録してみたんです。

 

その後も、学校があったり、日本に帰ったりとバタバタしていて、

クラウドワークスの存在さえ忘れかけてたのですが…💦

 

数ヶ月後になんとなくクラウドワークスから届いたお仕事情報のメールをみて、

「へぇ、こんな感じなんだー」と初めて真剣にお仕事情報を見始めました。

 

初心者の私には「どれもこれも、私には難しそう…」

と思えたのですが、

とりあえずライティングのサンプル記事を

クライアントさんに送るところから始めてみました。

 

そのうち、前から興味のあった、海外輸入関連のお仕事を頂き、

本当に沢山の新しいことを学ぶことが出来ました。

 

当時通っていた学校には「Work Experience  Course」というのがあり、

何週間か学校で学んだ後、希望の職種を実体験できるというものでした。

 

たしか2週間くらいだったかな?しかもフルタイム。

経験を積むには仕方ないのかなと

前向きに考えていたのですが、

でも、このコースに参加するのに400ドル(4万円弱)

くらいがかかると言われたんです。

 

「実習とはいえ、フルタイムで仕事するのにお金払うわけ??」

とモヤモヤしていた私にとって、

興味があった新しい仕事を在宅でやらせてもらえる、

しかも報酬までもらえる!

というクラウドワークスはとても有り難いものでした。

 

なので、表彰して頂くまでになるなんて、

始めた時は、本当に1ミリも思ってなかったです(笑)

 

子供が産まれてからの数年間、

完全に「仕事社会」から外れ、

子供と一緒に公園やプレイグループばかりで活動していた私ですが、

クラウドワークスでのお仕事を通して、大好きな日本と関わりを持てたこと、

幸いにも素晴らしいクライアントさんばかりに出会え、

「日本で仕事をする」という感覚を思い出させてもらえたことに

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

そしてなによりも、在宅のお仕事を通して、

報酬額以上に、私の人生に沢山のやる気を頂きました。

 

この1年で学んだ事を活かして、

何か自分で出来ることがないかな?と私なりに、

色々と考えているところです。

 

ということで、まずはこのブログから頑張ります (^^)

 

最後に、こんな私を信頼してお仕事を頼んで下さったクライアントさんには、

本当に感謝の気持ちで一杯です。

 

(見られてる可能性は低いかもしれませんが・・・)

 

本当にありがとうございました!! \(^o^)/

 

by bestworker

 

【追記】在宅ワークに関しての他のお話はこちらから