Fell or Fall?

今回は、いきなり Which is correct? です。

『えっ? 手抜きなわけじゃあないですよぉ・・(;´v`)』

 

説明が長くなりそうなんです!

 

『えっ?言い訳なわけじゃあないですよぉ・・・(;´∀`)』

 

ちなみに扱ってる単語がちょっと・・、あれですので・・、

猛勉強中の受験生の方や、受験生ママさんなどはスルーして頂いた方が良いかもしれません^^;

 

 

 

Fallとfellは、私がいまだによく間違える、2つのややこしい言葉なんです。

 

今回こそ!この記事を書くことで!!今後は間違えないように!!!

しっかりと覚えたいと思います!!

 

 

 

はい、ではスタート!

 

例「息子が昨日、転んで腕の骨を折ったの!」

 

さぁ、英語でなんというでしょうか?

 

A) Yesterday, my son fell down and broke his arm!

B) Yesterday, my son fall down and broke his arm!

 

これは、結構ややこしいんじゃないかな?と思います。

 

 

まず、転倒するという熟語は「fall down」。

Fall(落ちる)の活用は、

「Fall」 「Fell」 「Fallen」

 

一方

 

Fell (倒す・壊す・木を伐採する・切り倒す)の活用はどうかというと、

「Fell」 「Felled」「Felled」

 

となります。

 

実はかなり似ている、しかも意味もちょっと間違えそうな2つの動詞が存在してるんですね。

 

さて、正解はどちらか分かりますか?

 

 

(どっちだっていいじゃん!似たようなもんでしょ?)

 

と、思う気持ちも、よーくわかります。

 

実は私もずっと「どっちだっていいんじゃないの~┐(´д`)┌ヤレヤレ」

 

と思っていたのですが、

 

「走ると転ぶよ!」

「そんな高いところ、落ちたら危ないよ!」

 

といったぐあいで、子供がいると結構使う言葉なので、

しかも、ネイティブのママさん達と一緒にいるときに使うことも結構あるので、

 

『fellにするかfallにするか、その日の気分で好きな方をチョイスする』

という恥ずかしいマイルールはこの辺でキッパリやめて、

今日こそ、スッキリさせたいと思っていますので、どうかお付き合い下さいm(__)m

 

 

では、もう一度、which is correct? の内容をみてみたいと思います。

 

今回は、意味としては「転ぶ=fall down」のfallなのですが、

yesterday ということで、fallの過去形としてのfellを使わなければなりません。

 

よって、正解は、

A) Yesterday, my son fell down and broke his arm!

となるわけです。

 

ちなみに、

 

「転ばないように気をつけて!!」

 

と言う場合はどうでしょうか?

 

言い方は色々ありますが、

「Watch out not to fall down!」

 

などと、「Fall down」の方を使うことになります。

 

とってもややこしいですよね!

 

当方、記憶力低下中のため、

 

 

一週間後にも、正しく覚えていられる自信は全然ありませーん(・ω<)

 

 

きっとまた、「You will fell down!!(転ぶよ!)」 とか子供に言っちゃうんだろうなぁ。

あっ、これ間違えですので↑覚えないで下さい。

 

 

正しくはYou will fall down! となります。

 

 

 

英語の本を探すなら、世界各国へ無料配達のBook Depositoryがオススメ!

英語サイトでも大丈夫! 詳しい購入方法はこちらで紹介しています。

 


クリックして頂けると嬉しいです(^^)