給食っていいよね

オーストラリアの学校には、「学校給食」というものがありません。

だから基本的に毎日お弁当を持たすわけですが、お弁当というか、「パンと果物とスナック」という感じです。

サンドイッチ・りんご・おやつのおせんべい・チーズクラッカー。

みたいなものが毎日続きます。

結構暑くなるのに、学校にはランチを入れておく冷蔵庫もないので、いくらアイスパック入れておいたとしても、「ランチ時間まで大丈夫かな?」と、何となく不安もあり、つい時間がたっても大丈夫そうなものばかり選んでしまいます。

学校卒業するまでずっとこんな感じでいいのかしら?とかなり不安もあるのですが・・。

各学校により、週に何回か、ボランティアのお母さん達で運営されている「タックショップ」というお店が開きます。

これは食べたい人だけお金を払って買うシステム。

と言っても、息子の学校のメニューは

 

【ミートパイ・フィッシュアンドチップス・サンドイッチ・チキンナゲット、ホットドック ・・・】

 

ほぼジャンクです(汗)

入学当初は、頑張って、日本風のお弁当を作っていましたが、

「サンドイッチと違って食べるのに時間がかかるから他の子みたいにサンドイッチにして」と言われてしまい、今ではすっかりオージーランチです。

日本の給食は栄養バランスとかも考えてあって、本当に羨ましいですねぇ~。  

給食の試食会とか、参加してみたいなぁ~(´∀`*)ウフフ

 


よかったらポチッとお願いします(^^)