手作りアクセ体験 in 代官山

 

お久しぶりです!

ブリスベン、ここのところ朝晩が寒いですっ!

 

とにかく着込んで、

ジンジャーオイルを入れた足湯に毎日浸かって、

寒さと戦っています!

 

まだまだある日本での思い出を

ブログにアップしようと思いつつ、

なかなかアップ出来ずにいたのですが…。

 

少し写真の整理が終わったので、

ボチボチアップしようかなぁと思っています(今更???笑)

 

オーストラリアへ戻る直前のとある日に、

高校時代からの友人Yちゃんが代官山で開いている

アクセサリーサロンL'auraに遊びに行ってきました。

 

代官山って初めて降りた駅でしたが、

息子たちが散策したいというので、

駅周辺を少しだけぶらぶらしてみました。

 

なんともおしゃれな雰囲気!

 

外国人観光客の姿もチラホラ見かけましたが、

ごちゃごちゃしてなくて、結構好きな街かも!

 

Yちゃんのサロンは、代官山の駅から徒歩3分くらい。

JR恵比寿駅からも歩いて5-6分です。

 

もう一人の高校時代の友人Kさんと、

娘さんのSちゃんも一緒でした!

 

Sちゃんと会ったのは何年ぶり?

すっかりお姉さんになっていてびっくり!

やっぱりいくつでも女子は女子ですねぇー!!

 

親子で熱心にアクセサリーを作ってました!

 

Sちゃん、このサロンにはかなり頻繁に遊びに来ているようで、

どんどんアクセサリー作りが上手くなっているそうです。

 

作ったアクセサリーを

Yさんがインスタ風に撮影してくれました!

 

お母さん(Kさん)の

 

Sちゃんはお友達用にと色違いで作りました!

 

サロンでは、気に入ったアクセサリーを購入できるだけでなく、

Yちゃんと相談しながら気に入ったパーツを選び、

その場でアクセサリーを作ってくれるんです。

 

だからサロンにはパーツや工具がたくさんあります!

 

私は、Yちゃんおまかせで、

涼しめのアクセをリクエスト!

 

うん!なかなかいい感じ!

 

ちなみに、うちの息子たちは、

部屋の隅っこでipad三昧でした…(^^;;

ま、男子なので仕方ないでしょう…。

 

友人のYちゃんは、とても親しみやすいので、

アクセサリーに興味がある女の子なら、

Kさん親子のように実際にサロンに行って、

一緒にアクセサリーを作った方が

より楽しめると思います。

 

室内だからお天気に左右されず楽しめるし、

「お休みの日に子供と一緒にちょっとしたアクティビティを」

という機会があったら是非行ってみてください。

 

体験をするだけでなく、

お気に入りのアクセまで作れるなんて、

もしも、私に女の子がいて、

日本に住んでいたら、

夏休みで暇を持て余してる時なんかに、

最高だろうなぁと思います。

 

代官山駅から近いので、

子供達がアクセサリーを作っている間に、

お母さんはお茶したり、お買い物したりするのも、

なんだかオシャレだわぁ~、

とワクワクした田舎者のワタシです(笑)

 

Yちゃんが作ったアクセサリーは、

インスタグラムでも見られます。

L’aura instagram (アクセサリーインスタグラム)

 

ミンネでも販売を開始したそうなので、

よかったら覗いてみてください!(^ ^)

L’aura(ラウラ)minne販売サイト

 

とにかくYちゃんは、

本当に気の良いお姉さん?(笑) なので、

大人だけでも、子連れでも、

興味があったらラウラのページから

連絡してみてくださいね(^ ^)

 

 


クリック応援よろしくお願いします!!

 

英語の本を探すなら、世界各国へ無料配達のBook Depositoryがオススメ!

英語サイトでも大丈夫! 詳しい購入方法はこちらで紹介しています。


読んでると寝てくれる良い本?

 

我が家の読み聞かせ。

子供達が読みたい本を各1冊ずつと、

最後に目を閉じて読む本を読むのが大体の日課なのですが、

目を閉じて読む本は、学校の教科書とか、落語とか、

子供達は、あんまり理解出来ていなそうな内容を選ぶことが多いんです。

 

そして最近発見した、

途中で眠って欲しい時に、

かなりおすすめの1冊がこちらです(笑)

 

数年前に日本でも流行ったムヒカ大統領の演説です。

随分前に購入したんですが、

結構長いお話なので、

まだちょっと無理かなぁ?

と読まずにいたんですね。

 

でも、実はこの本、

読んでる私はかなり楽しめる内容なのですが、

子供達は最後まで聞けずに眠りに入れる、

という最強の本だったんです!

 

本当は、こういう気持ちを

子供達にも理解してもらえたらなとは

思ってるんですが、

まぁ、出てくる言葉も子供用の絵本とはいえ、

彼らには(特に次男には)

なかなか理解出来ない日本語なので、

今のところは「単によく眠れる本」となっています。

 

「貧乏とは少ししか持っていないことではなく、

無限に欲があり、いくらあっても満足しないことです」

 

という文章、グッときます。

 

他にも「なるほどそうだよなぁ」

ということ、たくさん言ってくれてます。

 

私はもともとあまり物欲がない人間なので、

そういう意味では、

「自分は貧乏ではないのだ!」

と言い聞かせて、

節約生活を楽しくやっていこうと思います!(笑)

 


クリック応援よろしくお願いします!!

 

英語の本を探すなら、世界各国へ無料配達のBook Depositoryがオススメ!

英語サイトでも大丈夫! 詳しい購入方法はこちらで紹介しています。


1 / 16312345...102030...最後 »